見かけた事はあるけど使い方の分からない謎のロッカー又はボックスについて、ご説明

自宅に設置可能

自宅で使うタイプの宅配ロッカーの種類

まず、ロッカー自体は大きく分けて2種類あります。
1つはその名の通り、ロッカーになっています。
マンション入り口にあるポストの大きい版、駅前などに置いてあるロッカーととても似た見た目です。
そのロックの仕方にはいくつか種類があります。
1つ目は暗証番号式。
業者がロッカーに荷物を入れ、暗証番号を設定し施錠。
暗証番号は一度ロッカーを開けたらリセットされるので、毎回違う暗証番号を使う事になります。
荷物をロッカーに入れた宅配業者は暗証番号を書いたメモを受取人のポストに入れれば、帰宅した時にそのロッカーを開け、荷物を受け取ることができます!

もう1つは鍵やカードキーでロックするタイプ。
この場合、宅配業者は管理人にロッカーを解錠してもらわないといけない場合も。
鍵は管理人と自分しか持っていませんので、これまた安心。
自宅に戻った時に自分の鍵でロッカーを開けると、不在時に届いた荷物が中に入ってます。

宅配ボックスと呼ばれるタイプ

宅配ロッカーではなく、宅配ボックスと呼ばれるタイプのものも存在します。
基本的な使い方は上記と同じになりますが、これは戸建てに住んでいる方に多く利用されているようです。
ロックができるタイプの箱型や大きなポスト型のものを玄関先に設置するだけです。
箱型の小さいタイプは、盗まれない様、玄関のドアノブや柵と鍵で繋げれば安心です。
その箱自体にも鍵はついているので、知らない人が開ける心配もありません。
おまけにこの箱はクーラーボックスタイプや、折り畳みができるタイプなど様々ですので、届く荷物に合わせて利用するのもいいでしょう。
もっと本格的に設置したい場合には、玄関近くの塀や壁に埋め込んだり隙間にピッタリ入れ込んだりする事も可能です。
もちろんこの場合、設置費用は高くなりますが、ボックスタイプより大きな荷物を受け取れるようになりますし、安全性も増します。